オフショアファンド・オフショア金融商品の種類

オフショア金融事情

オフショア地域を見渡すと、これまで日本人個人投資家が普段目にする機会が少なかった手法で運用される商品が 多く存在します。絶対的収益を追求するヘッジファンドが代表例です。規制の少ないオフショア地域に登録されたこれらファンドは、設立、運営コストを低く抑 えることで投資家により多くのリターンをもたらすことができ、現物株式や債券市場などとの相関性を低く抑えたオルタナティブ投資手法と呼ばれる運用商品が 世界中の投資家から高い評価を受けています。

swiss (httpwww.meyerjapan.comservicesoffshorecenter)

オフショアへ直接投資をするという選択肢

【世界最先端のオフショア金融商品へアクセス】
オフショア(海外)には、世界最先端の金融商品が集まっています。世界中の金融機関や優秀なファンド・マネージャーが、金融優遇措置を受け、運用の自由を 確保するために、オフショア(タックス・へイヴン地域)へ向かい、オフショアファンドを設立しています。オフショアには、インデックスを大きく上回る ミューチュアルファンドや、ヘッジファンド、コモディティファンド、マネージド・フューチャーズ、プライベート・エクイティファンド、REITなど、様々 な投資対象、手法を用いた魅力的な運用商品が数多く存在します。

オフショア・海外投資のご相談は専門家に

オフショアには、年間、数万のファンドが誕生すると言われています。運用会社、ファンド・マネージャーの信頼性、経歴、実績、運用資産規模、運用手法、投資対象は、ひとくちにオフショアファンドと言っても千差万別です。
弊社は、国際投資コンサルタントとして、世界の運用会社、金融機関と幅広い独自のネットワークを構築しております。そしてご投資家一人一人のポートフォリ オに合った様々な運用手法と商品を案内致します。絶対的な情報量とネットワークを活用し、メイヤー・インターナショナルでは、皆様の資産運用コンサルティ ングサービスを提供いたします。